This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies.  Close

専門用語のガイド 

以下は、当サイトや業界で使用される用語や語彙のガイドです。  用語の詳細を知りたい場合は、以下の文字から単語または語彙の  最初の一文字 を選択してください。

A  C  E  F  G  H   L  M  O  P  R  S  T  W

A トップに戻る 

ADR (Average Daily Rate) - ADR(平均客室単価)

販売客室に支払われた平均料金の指標で、客室売上高を販売客室で割って計算します。

ADR = 客室売上高 / 販売客室

ADR (Rate) Index/ARI (Average Rate Index) - ADR (価格)指数/ARI (平均客室単価指数)

ADR 指数は、ホテルの ADR のパフォーマンスをホテルのグループ(例:コンペティティブセット、マーケット、サブマーケット/小域)の合計と比較して測定します。ADR 指数が 100 であると、ホテルのグループの合計に対する ADR のシェアが適切であることを示します。指数が 100 を超えている場合は、ホテルのグループに対してシェアを超えていることを示します。逆に、ADR 指数が 100 を下回る場合は、グループの ADR に対しシェアを下回っていることを示しています。

ADR 指数の計算方法:

(ホテルの ADR / ホテルのグループの ADR 合計)x 100 = ADR 指数

適正なシェア(Fair Share)とは、マーケットにおける対象ホテルの「利益の占める割合」と考えられます。例えば、対象ホテルの ADR が $50 で、コンペティティブセットの ADR が $50 である場合、対象ホテルの指数は 100 になります。対象ホテルの ADR が合計で $60 である時、指数は 120 になり、このホテルは適正なシェア以上を占めていることを示します。もし対象ホテルの ADR が $40 である時、指数は 80 になり、このホテルは適正なシェアを下回っていることになります。

Average Published Rate (APR) - 平均販売料金(APR)

平均販売料金(APR)は、年間の異なる期間における様々なサイズの客室(シングル、ダブルなど)の販売料金を平均して算出します。センサスデータベースに含まれているホテルが当社にデータを報告しない場合は、販売料金を使用して実勢の平均客室料金(ADR)を推定しています。

C トップに戻る 

Census - センサス

特定セグメントにおいて当社データベースに含まれるホテルおよび客室の合計数。

Census Database - センサスデータベース

既存ホテルに関する当社のデータベースで、世界中のホテルの詳細情報を管理しています。

Chain Scales - チェーンスケール

チェーンスケールセグメントは、実勢の平均客室単価に基づいてブランドホテルをグループ分けする方法です。一方、独立系ホテルは、平均客室単価にかかわりなく、別のチェーンスケールカテゴリに含まれます。チェーンスケールセグメントは、以下の通りです:

Luxury(最高級)
Upper Upscale(高級)
Upscale(上級)
Upper Midscale(中上級)
Midscale(中級)
Economy(下級)
Independents(独立系)

Collapsed Submarket Class - サブマーケットクラスまとめ

この区分は、以下を除き、マーケットクラスと似ています: Luxury(最高級)と Upper Upscale(高級)をまとめて 1 つのクラス(Luxury および Upper Upscale)にしています。Upscale(高級)および Upper Midscale(中上級)をまとめて 1 つのクラス(Upscale および Upper Midscale)にしています。Midscale(中級)と Economy(下級)をまとめて 1 つのクラス(Midscale および Economy)にしています。サブマーケットクラスは以下の通りです:

Luxury および Upper Upscale
Upscale および Upper Midscale
Midscale および Economy

Company Types - 企業タイプ

オーナー企業
宿泊ホテルをフランチャイズや運営するのではなく、主に所有している企業。 STR/STR グローバルのデータベースで、「経営企業」に分類されるためには、ホテルの過半数(51%以上)の所有権を保有していなければなりません。

運営会社
通常委託料および/または売上高の比率を受け取り、経営企業に代わってホテルを運営する企業。  運営会社は、自身が運営するホテルに自己資金を投資している場合もあれば、していない場合もあります。

フランチャイズ企業
ホテルを所有する単一の企業グループで、特定の名称やロゴを使用する契約を締結しており、年間手数料に加え、通常は売上高の比率に基づく「ロイヤルティ」を支払って運営しています。  加盟ホテルには、ブランド名のアイデンティティ、企業イメージの広告、一元化された予約システム、企業研修制度、大量購買システムの使用などの利点があります。

資産運用会社
ホテルの資産運用会社は、オーナーから要求される目的を果たすためホテルへの投資を管理する受託責任があります。アセットマネージャーは価値を創造するため、ポートフォリオとホテルレベルの両方から分析をします。

メンバーシップ企業
メンバーシップ加盟を通じて、独立し経営、運営している企業。グローバルな予約システム、マーケティング、広告、調達、研修、品質基準などの特典を享受しています。  従来のフランチャイズ企業に比べ、制約が少ない場合が多く、各メンバーシップホテルは企業の経営について意思決定権があります。

リファーラル企業
独立して経営し、ホテルチェーンに加盟していないホテルのグループで、主に営業推進、取引の仲介の目的で協力しています。 このタイプの関係では、一般的にメンバーシップやフランチャイズほどのつながりや標準化要件はありません。

施工会社
ホテルプロジェクトの設計、プラニング、建設の監督に責任を負う企業。 施工会社は通常、ホテルの経営者や開発業者と緊密に協力し、正確なデザインスタンダードを保ちます。 施工会社は、景観、家具、その他の装飾などの設計の細部に関与する場合と、しない場合があります。

ホテル開発業者
宿泊施設として商業的に使用するために、敷地を確保し、建設する企業。

REIT – 不動産投資信託
多くの投資家からプールした資金を使用して、収益物件および/または住宅ローンを購入および運用する企業または信託。  一般には、企業レベルで税金を支払うことなく、収益の大半を分配金として直接株主に配分します。

Competitive Set - コンペティティブセット(競合ホテルグループ)

コンペティティブセット(またはコンプセット)は、ホテルのグループから構成され、ホテルが自身とグループの合計のパフォーマンスを比較することができます。 北米、カリブ地域、アジア太平洋では、コンペティティブセットには最低3つの参加ホテルが入っている必要があります。3 つのホテルには、対象ホテルや、対象ホテルと同一の企業のグループの他のホテルは含めません。専有データを保護するため、単一のホテルまたはブランドが、コンプセットの参加ホテルの客室供給総数の 40%を超えてはならず、単一のホテル企業(マリオットブランド、チョイスブランドなど)はコンペティティブセットの客室供給の最大 60%しか占めることができません。

欧州、中東/アフリカ、中南米では、コンプセットには少なくとも4つの参加ホテルを含める必要があります。対象ホテルは、4 つのホテルのうちの 1 つとして数えません。 専有データを保護するため、単一のホテルまたはブランドがコンプセットの参加ホテルの客室供給総数の 50% を超えてはなりません。単一のホテル企業(マリオットブランド、チョイスブランドなど)はコンペティティブセットの客室供給の最大 60% しか占めることができません。

注釈:STR コンペティティブセットガイドラインは 2017年1月より適用・変更されます。新しいガイドラインでは、対象ホテル以外に少なくとも4軒の加盟ホテル1を含む必要があります。データを守秘するため、コンプセットを構成する単一ホテルやブランドがセット全体の加盟ホテル客室総数の50%以上を占めることはできません。単一企業(Marriott International, Interstate Hotels & Resortsなど)が、セット全体の加盟ホテル客室総数の70%以上を占めることはできません

Contract Rooms - 契約客室

契約客室は、航空会社の乗務員のような、契約で規定された料金で宿泊された客室を指します。使用または支払が確定していないアロットメントは、契約客室には分類されません。このように割り当てられた客室は短期滞在客室(Transient)として分類されます(当社レポートのセグメンテーションの部分ではこのタイプのデータがあります)。

 トップに戻る 

Extended Stay - 長期滞在

長期滞在ホテルは長期間滞在するゲスト向けのホテルです。長期滞在ホテルでは、週単位の料金を提示しています。

F トップに戻る 

Food & Beverage (F&B) Revenue - 料飲(F&B)部門売上高

料理(コーヒー、ミルク、紅茶、ソフトドリンクを含む)、飲料(ビール、ワイン、リキュールなど)、バンケット用飲料の販売、その他の F&B 収入源から発生した売上高。その他の F&B 収入源には、会議室のレンタル料、視聴覚機器のレンタル、カバーチャージまたはサービス料、または F&B 部門内のその他の売上高(宴会サービス料を含む)があります。

Full-Service Hotel - フルサービスホテル

フルサービスホテルは通常、中価格帯、高級、最高級ホテルで、レストラン、ラウンジ施設、ミーティングスペースがあります。多くの場合ベルサービスやルームサービスを含むサービスを提供します。このようなホテルでは、料飲(F&B)部門売上高を報告します。

G トップに戻る 

Group Rooms - 団体客室

団体客室は 10 室以上のブロックで販売されます(団体ツアー、国内外の団体、組合、コンベンション、企業グループなど)(当社のレポートではセグメント別のデータが確認できます)。

H トップに戻る 

Holiday Closure - 祝日休業

自主的に、または祝日のため、ホテルが短期間休業すること(1 か月以内)。

Hotel Profitability Almanac

Hotel Profitability Almanac には、米国ホテルの売上高や費用に関する情報が客室、料飲、マーケティング、光熱費、維持費などの部門別に掲載されています。このレポートは、毎年 STR が発行するもので、 6,000 以上の米国のホテルの収支報告書を基にして作成しています。全州、大都市圏またはコンペティティブセットの 単位で作成可能なCustom Profitability Reports もご利用いただけます。
北米以外については、Profitability Study をご覧ください。 

Hotel Types - ホテルタイプ

ホテルはまず建物の構造、次にサービスレベルによって分類されています。チェーン運営によって、地区別、ホテルタイプのクラス分けを行っています。ホテルタイプは以下の通りです:

オールスイート:すべてのゲストルームが 1 つ以上のベッドルームから成り、独立したリビングエリアがある場合があります。多くのスイートにミニキッチン、ミニ冷蔵庫が付いています。スイートホテルでは、多くの場合、正式なダイニングルームはありませんが、無料の朝食を提供しています。

ブティック: 客室と公共スペースがあるホテルで、個性的で現代的な、特徴あるデザイン/装飾が特徴です。このカテゴリのホテルでは、スタイリッシュで豪華、活気がある、あるいはアバンギャルドな感覚/雰囲気を演出しています。 
STR では、ブランドホテルや独立系ホテルは Luxury(最高級)、Upper Upscale(高級)、Upscale(上級)やクラスカテゴリに集中し、実勢または推定の客室単価(ADR)が $175 以上であり、客室数は概ね 200 室以下であるため、通常はこれらをブティックセグメントに定義しています。 自社ブランドまたは「モットー」をブティックと位置付けている主要チェーン/企業の例:

Ace Hotel Group

aloft

Andaz

Ascend

Dream

Edition

element

Epoque Hotels

Exclusive Hotels

Firmdale Hotels

Hotel Indigo

Joie De Vivre

Kessler Collection

Kimpton Hotels

Leonardo Boutique Hotels

Melia Boutique

Morgans Hotel Group

NYLO

Red Carnation Hotel Collection

Rosewood

Viceroy Hotels & Resorts

W Hotels

コンファレンス: コンファレンス運営に集中した宿泊施設。ホテルは、International Association of Conference Centersのガイドラインを満たしていなければなりません。

コンベンション: 最低 300 室に加え大規模なミーティング施設(最低 20,000 平方フィート)を備えたホテルで、コンファレンス・センター・グループに属していないホテル。

デスティネーションリゾート: レジャーや家族旅行向けホテル。通常はリゾートや行楽地にあるか、ホテル施設全体が行楽地となります。デスティネーションリゾートは、プール、ゴルフ、テニス、レストラン、スパ施設、ビーチ、スキー、カジノなど、休暇および/または家族で過ごす時間に関連した、またはそのための幅広いアメニティを提供しています。このカテゴリに含まれる高級ホテルは、通常大規模で、フルサービスを提供する Luxury(最高級)チェーン、Upper Upscale(高級)チェーンまたは客室単価(ADR)が高い独立系ホテルです。

ゲーム/カジノ: カジノ事業を主体とする宿泊施設です。

ゴルフ: 敷地内にゴルフコースがあるホテルです。 ホテルが隣接するコースから優遇されているだけでは不十分です。

ホテル/モーテル: 標準的なホテルまたはモーテル事業。

スキー: スキー場へ簡単にアクセスできる施設。

スパ: ホテルには、指定されたスパ施設があり、施術を提供する必要があります。サウナやホットタブ/ワールプールの提供は該当しません。

ウォーターパーク: 宿泊施設として水中遊具を備え、最低 10,000 平方フィートのウォーターパークスペースがあり、スライダー、チューブ、各種水遊び設備などのアメニティを備えたインドアまたはアウトドアのウォーターパークリゾート。

I トップに戻る 

Index - 指数

指数は、ホテル パフォーマンスをホテルのグループ(例:コンペティティブセット、マーケット、サブマーケット/小域)の合計と比較して測定します。当社では、以下の 3 つの主要分野においてホテルのパフォーマンスを測定するために指数を利用しています。: 客室稼働率、日次平均客室単価(ADR)、販売可能室一室あたり収益(RevPAR)。

指数が 100 であるということは、ホテルのグループの合計と比較して、適正なシェアを確保していることを意味します。指数が 100 を超えている場合は、ホテルのグループの業績の合計に対する適切なシェアを超えていることを示します。逆に、指数が 100 を下回る場合は、グループの業績の合計に対する適切なシェアを下回っていることを示しています。

客室稼働率(浸透率)指数、ADR(料金)指数、RevPAR(売上)指数をご覧ください

L トップに戻る 

Limited-Service Hotel - リミテッドサービスホテル

リミテッドサービスホテルは、客室のみで稼動(料飲部門のサービスを提供しない)、またはベッドルーム、バスルームのみで、その他のサービスやアメニティはほとんど提供しません。これらホテルは、通常 Budget または Economy(下級)グループで、料飲(F&B)部門売上高を報告しません。

Location Segment - 地域区分

地域区分は、地理的なホテルの所在地によるホテルの区分です。チェーン運営では多くのホテルを地域区分で統計がとれるようにしています。以下の地域区分があります:

都市 - 大都市圏の人口が密集した地域(例:アトランタ、ボストン、サンフランシスコ、ロンドン、東京)。

郊外 - 大都市圏の郊外。米国で言えば、ニューヨーク市近郊のサグズ・ハーバーとホワイト・プレインズ、英国ロンドン近郊のクロイドンやとウィンブルドンがこれに当てはまります。人口やマーケットの位置付けにより、中心都市からの距離は様々です。

空港 - 空港から近距離にあり、主に空港を利用する顧客にサービスを提供するホテル。空港からの距離は様々です。

高速道路/ハイウェイ - 主要高速道路、ハイウェイ、幹線道路の近くに立地し、移動中の宿泊客を主に対象にしているホテル。郊外地域に位置しているホテルは、郊外に分類されます。

リゾート - リゾートエリアやマーケットに位置し、ビジネスがレジャー/行楽地への旅行から生まれているホテル。例: オーランド、レイクタホ、デイトナビーチ、Hilton Head Island、バージニアビーチ。

小都市/タウン - 人口が比較的少ないか、サービスが限定されている、遠隔地にあるホテル。マーケットの位置付けにより、規模は様々です。小都市/タウンは郊外に近接しません。北米では、都市圏の小さな町の人口は 150,000 人以下です。

M トップに戻る 

Market - マーケット

米国では、マーケットは都市圏統計区域(例:ジョージア州アトランタ)、都市圏統計区域群(例:中南ペンシルベニア)または郡の集合(例:北テキサス)などの地理的区域として定義されます。米国以外では、マーケットは参加ホテル数 30 以上の市、地方、国として定義されます。マーケットは、サブマーケットや価格セグメントにさらに分割できる十分な数のホテルが必要です。

Market Class - マーケットクラス

クラスとは、チェーン加盟や独立系ホテルを含めた業界の区分を意味します。チェーンに加盟している場合、ホテルのクラスはそのチェーンスケールと同じになります(チェーンスケールを参照)。独立系ホテルのクラスは、平均客室単価(ADR)に基づき、また地理的に近くチェーン加盟しているホテルの ADR と比較して決定します。クラスセグメントには、以下の 6 つがあります:

Luxury(最高級)
Upper Upscale(高級)
Upscale(上級)
Upper Midscale(中上級)
Midscale(中級)
Economy(下級)

Market Class Collapsed - マーケットクラスまとめ

単一のクラスセグメントのサンプル数が不十分で報告に適さない場合、クラスをまとめて以下のセグメントにします:

Luxury および Upper Upscale
Upscale および Upper Midscale
Midscale および Economy

Market Price Segments (U.S. Only) - マーケット価格セグメント(米国のみ)

都市圏の STR マーケットは 5 つのカテゴリで、実勢または推定の平均客室単価で定義されます。5 つの価格カテゴリは以下の通りです:

Luxury(最高級) - 平均客室単価が上位 15%
Upscale(高級) - 平均客室単価が上位 16%- 30%
Mid-Price(中価格) - 平均客室単価が上位 31%-60%
Economy(下級) - 平均客室単価が下位 21%-40%
Budget - 平均客室単価が下位 20%

郊外または都市以外の STR マーケットでは、Luxury と Upscale セグメントをまとめて、Upscale とし、以下の 4 つの価格セグメントのカテゴリになります:

Upscale(上級) - 平均客室単価が上位 30%
Mid-Price(中価格) - 平均客室単価が上位 31%-60%
Economy(下級) - 平均客室単価が下位 21%-40%
Budget - 平均客室単価が下位 20%

Market Scale - マーケットスケール

対象ホテルを以下の 7 つのマーケットスケールグループからクラス分けする時、同じマーケットに所在し、同じチェーンスケールセグメントに分類されるホテル:

Luxury(最高級)
Upper Upscale(高級)
Upscale(上級)
Upper Midscale(中上級)
Midscale(中級)
Economy(下級)
Independent(独立系)

Market Scale Collapsed - マーケットスケールまとめ

対象ホテルと同じマーケットで、同じチェーンスケールのセグメントとして分類されているホテル。マーケットスケール(まとめ)には以下の 2 つがあります:

Upscale (Luxury、Upper Upscale、Upscale、Independentを含む)
Midscale/Economy (Upper Midscale、Midscale、Economyを含む)

Market Tract - マーケット小域

サブマーケットを参照

Market Tract Scale - マーケット小域スケール

サブマーケットスケールを参照

O トップに戻る 

OCC (Penetration) Index/MPI (Market Penetration Index) - OCC (客室稼働率浸透)指数/MPI(市場浸透指数)

セグメント(コンプセット、マーケット、小域など)の需要(需要 = 販売客室)におけるホテルのシェアを測定する指数。

(ホテルの客室稼働率 / セグメントの客室稼働率) x 100 = 客室稼動率指数

適切なシェアは、マーケットにおける対象ホテルの「利益の占める割合」と考えられます。例えば、コンペティティブセット(コンプセット)のホテルに客室が 1,000 あり、対象ホテルには客室が 100 ある場合、そのホテルの適切なシェアは 10.00 %になります。対象ホテルが一定期間に、コンプセットの客室宿泊数の 10.00%を占める場合、客室稼働率指数は 100%となり、そのホテルの実際のシェアは適正なシェアと等しくなります。</p>

Occupancy (Occ) - 客室稼動率(Occ)

客室稼動率とは、特定期間に販売された販売可能客室数の比率を意味します。客室稼働率は、販売客室数を販売可能客室数で割って計算します。

客室稼働率 = 販売客室 / 販売可能客室

Other Revenue - その他売上高

客室売上高および料飲(F&B)部門売上高を除く、その他すべての売上高のこと。

その他売上高 = 総売上高 - (客室売上高 + 料飲(F&B)部門売上高)

(STR のレポートはセグメント別のデータも確認することができます)。

P トップに戻る 

Pipeline - パイプライン

パイプラインデータは、世界の既存ホテルの供給数と今後開発が予定されるプロジェクトを詳述するものです。建設データは、主要チェーンや運営会社から提供されるほか、 、Revcaster が提供する当社の検索エンジン( STR/STR GLOBAL SONAR) が検索する情報、商工会議所、定期刊行誌、コンサルタントのレビュー、ホテル開発業者などから入手しています。

フェーズの定義

既存供給: 過去 12 か月に開業したホテルを含め、開業し、運営しているすべてのホテル。

新規開業: 過去 12 か月以内に開業したホテル。

建設中: 土地が確保されている、またはオーナーが第一次(一般)契約の締結の最終入札にあるホテル。

最終計画: プロジェクトが入札される、または建設が 4 か月以内に着工する。

計画中: プロジェクトを担当する施工会社またはエンジニアが選ばれ、計画が進行している。初期の認可は通常取得している。

計画前: 施工会社が決まっていない。

注意: 融資、建築許可の発行、経営者の確約、その他多くの要因によって、完成予定日、建設される客室総数、プロジェクトの実行可能性は大きく変化します。建設中のパイプラインのプロジェクト数と客室数は変更される可能性があります。開発の初期段階にあるプロジェクトは、終盤段階にあるプロジェクトと比べて、完了する見込みが低くなります。

Price Tier (U.S. Only) - 価格帯(米国のみ)

州、STR マーケットまたは サブマーケットの3つのカテゴリがあり、実勢の日別客室単価または平均販売料金によって定義されます。3 つのカテゴリは以下の通りです:

上級価格層 - 客室料金上位33%
中級価格層 - 客室料金中位 33%
低級価格層 - 客室料金下位 33%

Profitability Report - Profitability Report 

北米以外では、欧州、中東、アジア/太平洋の 2,000 以上のホテルの年間収益性データベースの中から、レポートを作成していただけます。Custom Profitability Reports は、事前に定義されたマーケットもしくはご希望に応じて個別に作成します。Custom Profitability Reports は 2 年分のデータを含み、Excel 形式で配信します。

R トップに戻る 

Rank - ランク

当社では、以下の 3 つの主要分野においてホテルのパフォーマンスを測定するためにランキングを作成しています: 客室稼働率、日次平均客室単価(ADR)、販売可能室一室あたり収益(RevPAR)。ホテルのパフォーマンスは、コンペティティブセット内のホテルと比較して、ランク付けされています。

例えば、客室稼働率が 70.1% であり、コンプセットの中のホテルの客室稼働率が 70.3%である場合、その競合ホテルのランクの方が高くなります。

例: ADR ランキングが「2 of 6と表示される場合、その対象ホテルの ADR の絶対値は、6 つの競合ホテルの中で 2 番目に高いことを意味します。

Regions (U.S.) - 地域(米国)

米国は、9 つの地域に分かれています:

ニューイングランド(メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、マサチューセッツ州、コネチカット州、ロードアイランド州)
大西洋中部(ニューヨーク州、ペンシルバニア州、ニュージャージー州)
南大西洋(メリーランド州、デラウェア州、ウェストバージニア州、バージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、ジョージア州、フロリダ州)
中東北部(ミシガン州、ウィスコンシン州、イリノイ州、インディアナ州、オハイオ州)
中東南部(ケンタッキー州、テネシー州、アラバマ州、ミシシッピ州)
中北西部(ミネソタ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、アイオワ州、ネブラスカ州、ミズーリ州、カンザス州)
中南西部(アーカンソー州、オクラホマ州、テキサス州、ルイジアナ州)
山間部 (モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州、コロラド州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州、ニューメキシコ州)
太平洋(アラスカ州、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州、ハワイ州)

国際地域を見る

RevPAR (Revenue Per Available Room) - RevPAR(販売可能室一室あたり収益)

販売可能室一室あたり収益(RevPAR)は、客室総売上高を販売可能客室の総数で割ったものです。RevPAR は平均客室単価(ADR)とは異なります。ADR が実際に販売された客室の平均料金を示すにすぎないのに対し、RevPAR は稼動していない客室の影響を受けるためです。

客室稼働率 x ADR = RevPAR

RevPAR (Yield) Index/RGI (Revenue Generated Index) - RevPAR (売上高)指数/RGI (収入生産指数)

RevPAR (売上高)指数は、そのセグメント(コンペティティブセット、マーケット、サブマーケットなど)の販売可能客室あたりの売上高におけるホテルの適正なマーケットシェアを測定します。ホテルが適正なマーケットシェアを確保している場合、指数は 100 になり、適正なマーケットシェアを下回っている場合はそのホテルの指数は 100 以下になり、適正なマーケットシェアを上回っている場合は、そのホテルの指数は 100 を超えます。

RevPAR 指数の計算方法は、以下の通りです:

(ホテルの RevPAR / セグメントの RevPAR) x 100 = RevPAR 指数

適正なシェアとは、マーケットにおける対象ホテルの「利益の占める割合」と考えられます。例えば、対象ホテルの RevPAR が $50 で、コンペティティブセットの RevPAR が $50 である場合、対象ホテルの指数は合計 100 になります。対象ホテルの RevPAR が $60 の場合、指数は 120 となり、そのホテルは適性なシェア以上を確保していることになります。対象ホテルの RevPAR が $40 の場合、その指標は80 となり、そのホテルのシェアは適正なシェア以下であることになります。</p>

Room Revenue - 客室売上高

客室の販売またはレンタルから生じた客室売上高合計。客室売上高の詳細情報など、データのガイドラインは

こちらをクリックしてください。

Rooms Available (Room Supply) - 販売可能客室 (客室供給)

ホテルまたはホテルグループの客室数に特定期間の日数をかけたもの。

例: 対象ホテルの販売可能客室100 x 月間の日数31 = その月の客室供給 3,100

Rooms Sold (Room Demand) - 販売客室(客室需要)

特定期間に販売された客室数(無料宿泊客室を除く)。

S トップに戻る 

Sample - サンプル

STR/STRグローバルのサービスに加盟し、データを報告しているホテルおよびその客室数。

Seasonal Closure - 季節休業

毎年同じ時期にホテルが少なくとも1か月以上休業すること。例えば、スキーロッジは夏は休業し、ビーチリゾートは冬に休業することがあります。

Segmentation - セグメンテーション

部門別(短期滞在、団体、契約)および売上別(客室、料飲、その他)に分けた販売客室、売上高データ。

Size - サイズ

ホテルの物理的な部屋数に基づきます。

Star Grade - 星格付(スターグレード)

格付 – HOTREC が出資する Hotelstars Union(欧州ホテル格付連合)(www.hotelstars.eu)が提供する欧州ホテルの公式な等級の分類。

Submarket - サブマーケット

市場の地理的なエリアの小区分です。マーケットは 1 つ以上のサブマーケットから成り立っています

Submarket Class - サブマーケットクラス

この区分は、以下を除き、マーケットクラスと似ています: Luxury(最高級)および Upper Upscale(高級)をまとめて1つのクラス(Luxury および Upper Upscale)にしています。Upscale および Upper Midscale クラスをまとめて 1つののクラスにしています。Midscale  および Economy クラスをまとめて 1 つのクラスにしています。

Submarket Scale - サブマーケットスケール

このセグメントは、マーケットスケールと似ていますが以下の点が異なります: Luxury および, Upper Upscale および Upscale を合わせて Upscale および Upper Midscale とし、Midscale chains(中級)を Midscale にしています。サブマーケットスケールには、以下があります:

  • Upscale
  • Midscale
  • Economy

T トップに戻る 

Total Revenue (from Segmentation report only) - 総売上高(セグメンテーションレポートのみ)

販売客室、料飲(F&B)部門、パーキング、ランドリー、電話、雑収入など、ホテルのあらゆる事業からの売上高(当社のレポートではセグメント別のデータが確認できます)。

Transient Rooms - 短期滞在客室

短期滞在客室には、ラック、コーポレート、コーポレートネゴシエート、パッケージツアー、居住者、政府官公庁、海外からの滞在者などにより使用される客室は短期滞在客室にクラス分けされます。また、サードパーティのウェブサイトを経由して予約された稼動客室も含みます(例外: 10部屋 以上の客室が同時に予約される場合は、団体として定義します)(当社のレポートではセグメント別のデータが確認できます)。

TrevPAR (Total Revenue per Available Room) - TrevPAR (販売可能室一室あたり総収益)

販売可能室一室あたり総収益を測定し、客室、料飲(F&B)、その他の売上高の合計を販売可能客室の総数で割ります。 

(客室売上高 + 料飲(F&B)売上高 + その他売上高)/販売可能客室総数= TrevPAR

TrevPOR (Total Revenue per Occupied Room) - TrevPOR (稼動客室あたりの総売上高)

稼動客室一室あたり総収益を測定し、客室、(料飲F&B)、その他の売上高の合計を稼動客室の総数で割ります。 

(客室売上高 + 料飲(F&B)売上高 + その他売上高)/稼動客室総数= TrevPOR

Wトップに戻る 

World Regions - 国際地域

国際地域は 4 つあり、以下の 15 の亜大陸に分かれています:

南北アメリカ (北米、南米、中米、カリブ地域)
アジア/太平洋(中央アジア、北東アジア、東南アジア、オーストラリアおよびオセアニア)
欧州(北欧、南欧、東欧、西欧)
中東/アフリカ(中東、北アフリカ、南アフリカ)